下肢静脈瘤は症状が出る前に早めに対処するのがベスト

HOME>お役立ち情報>下肢静脈瘤の対処法を伝授「手軽に治せる方法がある」

下肢静脈瘤の対処法を伝授「手軽に治せる方法がある」

足

静脈の弁が原因

下肢静脈瘤は女性に多い病気で足のだるさやむくみ、かゆみなどの症状があります。40代を過ぎて更年期に入る頃から発症する比率が高くなってきます。特に妊娠経験のある女性が下肢静脈瘤になることが多いことが多いようです。また長時間の立ち仕事や加齢なども影響してきます。発症するとふくらはぎの皮膚がコブや網目状に盛り上がってきます。これは足の静脈の血管が破れ、そこで血液が溜まって皮膚を盛り上げてしまうことが原因です。足の静脈には血液を心臓に送るため逆流しないように弁があります。これが壊れてしまいそのために血液がうまく流れなくなってしまいます。しかしこれは良性の病気で、進行も緩やかなので命に関わるような心配はありません。

ガッツポーズ

人気の血管内治療

下肢静脈瘤は徐々に進行していきますが、60代を過ぎる頃から症状も止まってしまうことも多くなっています。治療はマッサージや弾性ストッキングの着用などをすることでかなり改善していきます。弾性ストッキングで足に圧を与えることで血流を促進し、むくみをとることができるのです。これは慣れないうちは履くのに時間がかかることもあります。下肢静脈瘤が重症化すると発疹ができたり皮膚が破れる潰瘍になったりすることもあるので手術が必要です。またコブなどが出来て見た目が悪いとか、むくみやだるさが気になるという理由で手術を希望する人もいます。下肢静脈瘤の手術は様々な方法があり、近年よく行われているのが血管内治療です。これはカテーテルを静脈に挿入してレーザーで血管を焼き切る方法で痛みも少なく日帰りできる手術です。

広告募集中